プロフィール

あんじぇらしょうこ

Author:あんじぇらしょうこ
~心と身体のカウンセリング~
LOVE, PEACE & HARMONY
代表 あんじぇらしょうこです。

東京都内にて、心理学・食べ物(マクロビオティックなど)・スピリチュアルや東洋医学などをベースに、一人ひとりの心と身体のお悩みに合ったカウンセリングをご提供しています。

子供の頃からアトピー克服と虚弱体質改善のためにいろいろなことを試すうちに、ふと気がつくと相当な健康オタクに。日本未発表の文献から集めた情報を中心に、心と身体のお悩みについて自分が本当に役に立ったと思う情報だけを厳選して発信していきます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリーン・バーチュー博士の「Constant Craving」から、

過食を引き起こす原因とされる4つの感情について

説明していきたいと思います。

■FATS

F:Fear(恐れ)
不安、卵の殻の上を歩いているような不安定な感じ、
見捨てられるかもしれないという恐怖、性的な不安、
人間関係に関する不安、心配、うつ状態など

A:Anger(怒り)
他者に対する怒り、不正への怒り、自分自身に対する怒り、
騙されたり奪われたことに対する怒り、虐待への怒り

T:Tension(緊張)
ストレス、欲求不満、古い怒りに対する後悔、嫉妬、
我慢できないこと、楽しみで感情を発散することができずにたまった過労

S:Shame(恥)
自己批判、自信低下、自分の価値を信じることができない、
他者が自分を好きになってくれるはずがないと思う気持ち、
他者より自分が劣っていると思う気持ち、
自分には素晴らしいものを手に入れる価値がないと思う気持ち

いかがでしょうか。
過食がやめられずダイエットに失敗する人に対して、
「意思が弱い人」というレッテルを貼ってしまうかもしれませんし、
過食をやめたくてもやめられない自分に罪悪感を感じたり、
自分で自分を責めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、過食の裏側には、虐待やストレスなど
過去に受けた心の傷が深く関わっている場合も多いようです。
過食の改善が難しいのは、原因となっている心の傷の存在自体に
本人すら気がついていない場合もあるからです。

もし3食きちんと食べていても過剰な空腹感を感じてしまう場合は、
満たされない心からSOSが発信されているのかもしれません。

次回は、「心の飢餓感」による空腹と、「肉体の飢餓感」による空腹の
二つを見分ける方法について、引き続きドリーン・バーチュー博士の
著者からご紹介したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelashoko.blog.fc2.com/tb.php/5-4b3b0c23

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。