プロフィール

あんじぇらしょうこ

Author:あんじぇらしょうこ
~心と身体のカウンセリング~
LOVE, PEACE & HARMONY
代表 あんじぇらしょうこです。

東京都内にて、心理学・食べ物(マクロビオティックなど)・スピリチュアルや東洋医学などをベースに、一人ひとりの心と身体のお悩みに合ったカウンセリングをご提供しています。

子供の頃からアトピー克服と虚弱体質改善のためにいろいろなことを試すうちに、ふと気がつくと相当な健康オタクに。日本未発表の文献から集めた情報を中心に、心と身体のお悩みについて自分が本当に役に立ったと思う情報だけを厳選して発信していきます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<肉体的な飢餓感>
1.じわじわとやってくる。
おなかがゴロゴロ言い始め、1時間後には雷のようにうなり始める。
肉体的な飢餓感は、そろそろ食事の時間だということを
ゆっくりと知らせてくれます。

2.様々な食べ物にオープンである。
肉体的な飢餓感では、「あれが食べたい」という気持ちはあったとしても
非常にフレキシブルなもので、何を食べるかについては選択の余地がある。

3.お腹から食べたいと感じる。
肉体的な飢餓感では、お腹からのシグナルで空腹感に気が付きます。
お腹がゴロゴロ鳴ったり、おなかが空っぽな感じがしたり、
胃が痛くなって空腹感に気が付くことさえあります。

4.辛抱強い。
肉体的な飢餓感では、すぐに食べたいと思うことはあっても、
何が何でも今すぐ食べないといけない、といった危機感は感じません。

5.肉体的な必要性以外からも生じる。
肉体的な飢餓感は、食事を摂ってから4・5時間経過したからという
理由でも生じるものです。空腹感が強まると、頭がふわふわしたり、
エネルギーが足りなくなってきたと感じることもあります。

6.慎重な選択と、食事そのものに意識を集中している。
肉体的な飢餓感では、フォークに刺さっている食べ物や
自分の口に入っている食べ物、そして自分の胃に収まった食べ物について
きちんと意識をすることができます。サンドイッチを半分だけ食べるか
それとも全部食べてしまうかを、意識的に選択することができます。

7.満足すると止まる。
肉体的な飢餓感は、身体に食べ物を摂り入れて栄養をつけることを
目的としているので、お腹が満たされてしまえばすぐに食事を終えることができます。

8.必要性に応じて食べている。
肉体的な飢餓感から食事をしている際には、
罪悪感や恥ずかしさを感じることはありません。
食べることは、酸素を吸うことと同じように、
なくてはならないものだと気が付いているからです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelashoko.blog.fc2.com/tb.php/8-ccc300c0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。